れりすぽっ

気まぐれに気ままにマビノギ系の生活を綴ったモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ペッカを攻略しようということで
今週も行ってきました、ペッカダンジョン。



mabinogi_2005_11_19_002.jpg

たった6人で。

無謀すぎるというか敗色ムード濃厚というか、
チャレンジャースピリッツが溢れてふちからこぼれてます。大量に。
なんだか週が進むごとにシビアなプレイになっていってるような。


mabinogi_2005_11_19_020.jpg

まぁ結果から言えばクリアはできました。11時間弱くらいかけて。

途中で脱落者が出たり、その分のメンバーを補充したりとかありましたが、
おおよそ5~7人で進んでました。難易度が超絶シビアです。
某TOHOHで言うなら「人には向かない難易度」というくらいでしょうか。



それでも、ひたすらゾンビアタックでクリアしたというわけではなくて、
純粋に全員が生きて戦いながらという具合で進んでいきました。


mabinogi_2005_11_19_004.jpg

基本はこのように角に陣取って釣る作戦です。
敵の反応範囲は一部を除いてそれほど広くないので、安全かつ有効に戦えたりします。


敵の反応範囲は以下のような具合に。(あくまで体感です)
これを参考にすれば1匹ずつ引き寄せて存分にボコり放題。イェイ。

・グール
 魔法の射程より2~3歩狭い程度
 部屋の一辺の半分くらいの距離だと反応したりしなかったり

・ワイト
 グールよりちょっと広いか同じくらい

・ホローナイト
 グールやワイトより1~2歩狭い程度

要するに、グールとワイトとホローナイトは、
部屋の半分くらいの長さより距離を取れば向かってきません。多分。

・クローカー
 ロングボウと同じか、1~2歩狭い程度

・ゴースト
 クローカーと同じ程度

つまりクローカーとゴーストは部屋に閉じ込められてる限り、
どこにいても向かってくると思っていいです。これだから血気盛んな若者は。




ついでに戦術についてをあれこれ。

基本的に二人一組で行動します。
ぶっちゃけるとIBとFBとカウンターさえあれば、タイマンはどの敵でもおおよそできるのですが、
タイマンだと消耗が激しいのです。POT減ります。疲れます。ミスります。

敵1匹に対して二人で協力して戦うと失敗も比較的少ないし、
タイマンだとミスって死んだら、味方の真っ只中に敵が居残ることになります。激怖いです。


で、ペアでの戦術について。


・グール
 片方の人が魔法で敵のタゲをとり、もう片方の人がスマを入れます。
 流れを端的に記すと、
 IBIB→スマ入れる人の前でIB→スマ→IB→スマ入れる人の前でIB→スマ(以下ループ)

 IB役とかスマ役はランクの高い人がやるといいです。早く倒したほうがいいし。
 このようにすると、IBカウンターより物資の消耗が少なく倒せます。
 注意点は、グールはスマで吹っ飛ぶとほぼミルを使い、たまにディフェなので、
 人のいるところに吹っ飛ばしてしまったらミルが発動する前にIBを入れましょう
 ミル痛いんです。ぎゃふん。


・ホローナイト
 グールと同じように倒します。IBとスマを交互にずべしずしゃっ。
 ただ、グールと違って吹っ飛んでもミルはほぼしません。
 しかもスマを入れても、タゲはIBをした人のままです。
 でもホローナイトは硬いのでその分時間がかかります。ぜぃぜぃハァハァ。


・ワイト
 魔法と弓しかききません。なのでひたすら魔法と弓で攻撃しましょう。
 タイマンだとリボカウンターとか魔法カウンターとなってしまい、
 1ダメで吹っ飛ばす分だけ無駄が出ますし。モッタイナイ。

 オススメとして、キャンプファイアキットで焚き火を設置するとステキに楽しく倒せます。
 コンビネーションとしては、弓+弓でも魔法+弓でも魔法+魔法でもなんでもOK。
 とにかく遠距離攻撃チクチクですね。


・クローカー
 ナチュラルシールドがないので弓が安全なのですが、いかんせんなぜかダメージが低いです。
 スマが強力な人にスマを入れてもらうのが有効な戦術だと思われます。

 スマを入れる方法は、片方の人がディフェをして、ディフェで硬直してるところをスマをがつーんと。
 吹っ飛んだらFBあたりでタゲを再び取り直してディフェしてスマを(以下略)

 これで手っ取り早く倒せると思います。
 注意点については記すとキリがないので現地で失敗して学びましょう。


・ゴースト
 いろいろ試したけどコヤツだけはどうにもいい戦術が思いつきません……。

ここだけは人海戦術に頼りましょう。
しかし、こちらの人数が5人とか6人とか少ない場合は、

mabinogi_2005_11_19_014.jpg

このようにペットを部屋の外に配置して、

mabinogi_2005_11_19_013.jpg

ペットと存分にお見合いしてもらいましょう。

上のSSと下のSSではペットが違うけど気にしなくていいです。

ペットにタゲをもたせておいて、1匹だけ釣って隅っこに追い詰めてミルミルミルミル――
4人もミルすればハメ状態になれるので、これなら少人数でもなんとかなったりします。
ミルがないパンダはヒールと死人蘇生係です。ぷぎー。

ちなみに、弓の射程ギリギリでマグナムを当てるとゴーストはワープしませんでした。
この点も生かす方法がありそうかなと思ったり。




そんなわけで日記の最初のほうのSSのとおり、クリアできました。
すこぶる疲れました。でも楽しすぎです。カタルシスたっぷり。
テクで戦力的劣勢を切り抜ける快感が素晴らしい。

また行きたいものです。できれば昼スタートで。
朝日が目にしみるのはもう勘弁してください。ぐったり。







おまけ。

ゴーストソードの祝福あるなし具合とかを見てみました。

mabinogi_2005_11_19_025.jpg

祝福なしだとこのようにすぐ大破して、

mabinogi_2005_11_19_026.jpg

祝福ありだとこれくらいはもちました。
使用者は13歳なので、1打あたりは熟練1,8%でしょうか。

ゴーストソードを使用するときは祝福をつけるのを忘れずにしましょう。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。