FC2ブログ

れりすぽっ

気まぐれに気ままにマビノギ系の生活を綴ったモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
駄文の第二十六話
誰かを諭すときにはしばしば正論を用いられますが、

「正論で救われるのは言った本人だけ」

だと思うんですよ。正直なところ。



例えば、学生のときに誰もが言われてそうな言葉として、
「勉強しなさい」
というのがあると思います。主な発信源はペアレンツとかティーチャーズ。
勉強すれば偏差値の高い高校とか大学に行けるし、
偏差値の高い大学というのは、やはり企業とのコネもそれなりに多いです。
そういう因果に基づき、上記のセリフはまったくそのとおりであります。

ですが、言われたとおりに勉強しまくった人はどれだけごく一部なのやら。

「死ぬほど努力すれば何だって出来る」というフレーズもよく聞きます。
物理的・生物的に不可能なことを除いて、
努力すればたしかに望んだ結果は得られると思います。

ですが、死ぬほど努力した人なんてどれだけごく一部なのやら。


これらの例は二つとも正論(反論不可能な論理)ですが、
正論を言ってそのとおりに行動されることなんぞ、まずありえません。
そんなにやすやすと正論通りに人類が動いたら、今頃地球は大平和です。

人殺しはよくないことです。
わかってます。でも紛争はなくなりません。
自分がやられてヤなことは他人にしてはいけません。
わかってます。でもそれが楽しい人もいるんです。


人というのはなかなか正論通りに行動することはありません。不思議なものです。
いえ、ちょっと考えれば少しも不思議じゃないんですけどね。

人を動かすのは理と利。
要するに道理と利益です。

道理というのはおそらく誰しも少なからず、あるいは大量に植えつけられています。
だというのに道理に準じない行動をするということは、利益がないから。
若しくは、利益が薄い、利益が見出せない、という表現のほうがいいでしょうか。
物質的・精神的な利益がない限り、人は行動を起こさないものです。

ここらへんの習性を利用すると、
人を思い通りに動かすには理より利を説くほうが手っ取り早いということです。
わー、腹黒い。大人って汚いですよね。
コツとしては理想的寄生虫(宿主は寄生されていると気づかない)のように、
誘導されていることに気づかれないように誘導することです。
これがまたなかなか難しいもので……ふぅやれやれ。


で、正論の定義はよく知りませんがその性質は主に二つ。

・反論が不可能
・言われた人の行動・精神性を否定する


こりゃ言われたらムカつきますね。
たとえ道理としてその通りだとしても、その通りに行動したくないという気持ちは、
むくむくと沸いてしまうというものです。
利益がないからというだけではなく、
ただの反骨心として言われた通りにしたくなくなります。
つまり、正論というのは相手のためになってません。
(例外はありますがそれはさておきます。ごく一部だし)

相手のためになってないのに、その正論を振りかざすのは、
単に相手の鼻っ柱を折りたいだけではないでしょうか。
いや、多分そんな意図はないと思いますが。
本当に相手の身を案じて正論で忠告する人もいるし。

えー、まぁなんというか、
正論を言ったほうはさぞかしすっきりしますよね。
なにしろ相手を否定する(凹ませる)上に、反論は不可能ですから。
そんなわけで、冒頭の一文に帰結するわけです。


正論は本当の意味では相手のためになってないような気がします。
相手のことを心配するなら、それとなくやんわりと誘導するほうがいいかと。

走っている車を正面から受け止めて反対方向に吹っ飛ばすよりも、
2回曲がらせて、逆方向に走らせるほうが時間もエネルギーも少ないというもの。
そういう風に相手の精神ベクトルを誘導できればいいんですが、
これがまたなかなかどうして難しいものです。げっそり。


まだまだクンフーが足りません。未熟者め自分。精進しなさい。



聡明な読者は気づいてると思いますが、今回の文そのものもある種の正論です。ぎゃふん。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
長らくコメントしてませんでしたが久しぶり。
マビ内ではほぼ毎日挨拶してますがね。
正論ねぇ・・・
確かに言ったほうはすっきりしますね・・・
それも相手によって反応も違うでしょうね。
正論は昭那さんの述べたとおり反論できません。
ひねくれものやプライド高い人なら反骨心云々のせいで無駄ですが、中にはその正論で納得して己の糧にするでしょうし。
でも、それで納得する人が少ないから世の中ら争いが絶えないわけで・・・
結局誘導になりますか、難しい。
やったこと無いしやる場面も無いのでクンフーすら積めません。無念なり。

PS,今日はポチッと押すボタンが無いデスヨ。
2006/07/20(木) 13:35:30 | URL | グウェン #-[ 編集]
たしかに正論を言われると納得されることって少ないんですよね。
正論で相手を納得させるには、下積みとして「尊敬」とか「信頼」が必要だと思います。
で、尊敬とか信頼がほしいなら、「実績」と「徳」がなくてはならんわけで、
というかここまで行くと正論云々とかの論理そのものの内容より、
人格のほうに説得力の要素があると思います。
相手を言葉で動かしたいなら誘導以外にも、そっち系アプローチもありますよ。
あるいは手っ取り早く握ったり握らせたりするとか。ゲフンゴフン。

駄文はマビノギとは関係ないからランキングボタンはつけてません。
2006/07/21(金) 12:23:50 | URL | あきな #-[ 編集]
途中まで正論っぽいけどオチが馬鹿…
というのが個人的に好み。なんとなく納得できるし、笑える。
ただし、ただの馬鹿ともとられる可能性があるので素人にはお勧めできない。
2006/07/22(土) 02:18:49 | URL | とれねん #-[ 編集]
おお、その手が。
なかなか受け入れられやすそうでいいと思います。さっそくネタの仕込みを。
馬鹿キャラ認定されない下積みとして、普段は真面目キャラで通して、
論理展開も正論チックに最後はへにゃっとなるようにするのがいいんでしょうか。
平常時とのギャップが笑いのエッセンスかもしれません。
……えーと、なんかその手のキャラを書いたことがあるような。
2006/07/22(土) 07:31:47 | URL | あきな #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。