れりすぽっ

気まぐれに気ままにマビノギ系の生活を綴ったモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ようやくマビ復帰ということで
S2アップデートをもったりと堪能することにしました。



とりあえずギルメンとルンダ通常→ルンダ下級のコンボを味わってきました。

まずは、やたらよく喋るキモ可愛い半漁人。(SS撮り忘れ)
攻撃力はコボルト並み。わりと痛い痛い。
しかもマルチタゲなので、油断しなくてもけっこう死ねます。
レンジャーのほうは弓も使うので、さらに小憎らしい。

というかタ○ノ君じゃないですかコレは?
網タイツを装備してれば完璧だと思いました。

惚れ惚れするような肉体美の、人面犬ならぬ犬面人。(SS撮り忘れ)
でも、せめてもうちょっとプリチーな頭部を選べばいいと思うのです。
なぜによりによってドーベルマンとかブルドックなぞ、むさ苦しいのをチョイスしてるのやら。

脳みそはラットメンそのまんま。HPはちょっとタフになったくらい?
タイマン指向の紳士的な半畜生なので、それほど脅威ではないです。



……4種類混合とか出なければ。
多すぎ多すぎ。




道中は何人か死亡者が出ましたが、比較的恙無くボス部屋に到着。

そしてボスはこの方々。

mabinogi_2005_08_28_011.jpg


妙に中年スメルが漂ってます。
どこの中間管理職の猫でしょうか。倦怠感が惜しみなく放出されすぎです。
動物王国も大変なのかなぁ、と思わせぶりな方々でした。


FBLで火葬してボス終了。享年40秒くらい。


4人で行って、クリアにかかった時間はだいたい1時間ほど。
とにかく生態系の狂いまくったダンジョンでした。
顔面とボディのリアルな融合が生理的にキモイ感じです。

難易度的にはかなり楽しいのですが、
EXPと報酬が絶望的にマズゥイので、気晴らし程度にしか行かないと思われます……。
それでもコイルよりはマシですがっ。




ペットについては後日談。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。