れりすぽっ

気まぐれに気ままにマビノギ系の生活を綴ったモノ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
ペッカ下級にチャレンジということで
行って参りました、ペッカ下級。
様々な思惑を考慮した末に、水曜の夜に決行ということに。


と、その前にチケットを取りに行かなくてはなりませんね。

mabinogi_2006_03_29_005.jpg

げっつ。

ちょうどルンダ上級を持っていたギルメンは多分エスパーか何かです。




で、今回のメンバーは――

[ペッカ下級にチャレンジということで]の続きを読む
スポンサーサイト
特にネタがないときの過ごし方ということで
なければ作ってみようということになりました、ネタを。


「ないときはまず探す。探してもないなら作ればいい」
という妙な哲学に基づいての行動です。ある意味正論らしい。
つまり作るという段階に至ったときは、相当に末期的ということですね。
この時点で目的と手段が入れ替わってるような気がしますが、
あまり深く考えてはいけません。気にしたら負けです。人として。


閑話休題。←「まぁそれはともかく」と読みます。(大嘘)



先日、とは言うもののだいぶ前ですが。
ギルメンの某黒い両手剣マニアな人がクマローブを2着げっつしたのはいいものの、
売ろうとするにも露店に出してもさっぱり売れず、頭を抱えておりました。
あたかも不良在庫を抱えた個人経営商店の中年の如く、そりゃもうげっそりと。

そんなわけで引き取って着古して見るということになりました。
さっそく試着してみましょう。


[特にネタがないときの過ごし方ということで]の続きを読む
G3後の初ペッカということで
行ってきましたペッカダンジョン。ひさびさに。


どこぞのブログでクリアタイムが3時間弱とか書いてあったので、

「へー、今はそんなに早くクリアできるんだー」
と感心しつつ、

「知り合いでペッカ慣れしてる人で行ったらどうなるかな」
とメンバーを集めました。


mabinogi_2006_03_08_002.jpg

近接タイプ3人、弓師2人、弓寄り汎用型1人、
ヒーラー兼演奏家1人、パンダ1匹(+1匹)という構成になりました。

ポーションの消耗などを考慮して、水曜の21時にいざ突撃。
レッツ墓荒らし。



近接がスマぶちかましミルで大回転しつつ、弓師のマグナムがうなり、
どんなダメージもヒーラーが瞬間的に癒し、パンダはコソコソと雷と落としまくり。
世にもすさまじい勢いで進行していきます。むしろ敵がかわいそうなくらい。


途中で部屋中のグールが全部反応して、何がなんだかよくわからない大乱戦になりつつも、
死者は0名というタフネスっぷり。なんでみんな生きてるんですか。
気がついたらグールが全滅してました。
ものすごい力ワザな成仏コースですね。すぐ沸くけど。


2Fではスイッチでのゴーストが怖いから、全部押して逃げようという作戦にしつつも、
スイッチ3コ分のクローカーが愉快な煙とともにコンバンワ。いや呼んでません。

ざっと20匹くらいのクローカーが大挙して押し寄せてきます。
その勢いやバーゲンワゴン突入モードのマダムの如し。うわぁぁぁ。

mabinogi_2006_03_08_004.jpg

ぐったりと寝て見学です、Zzzz。

結局、全部倒してましたが。




そしてペッカ最強のザコと名高いゴーストも、

mabinogi_2006_03_08_006.jpg

近接ズのミル祭り+火矢マグナム+瞬間癒しという完璧すぎる布陣であっさりと駆逐。
この陣形の前にはどんな敵だろうと二度と起き上がれません。たぶん。







mabinogi_2006_03_08_005.jpg

……なにも見なかったことにしましょう。







mabinogi_2006_03_08_009.jpg

ボスのデミリッチ(推定500歳)も容赦なくタコ殴りにして、ミッションコンプリート。
体液採取のときに幽霊と踊ってた人がいたような気がしましたが気にしません。

クリアタイムは2時間半くらいでした。おつかれー。




なんだか、ペッカ下級が来てもこのメンツならあっさりとクリアできそうで怖いです。


※足引っ張り気味ですみません。精進します。
成長記録その6ということで
前回からおおよそ一ヶ月半。
さてさて、どれくらい成長したものやら。


[成長記録その6ということで]の続きを読む
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。